ジッテプラス 化粧水

ジッテプラスと化粧水どっちが先なの?


ジッテプラスを顔に塗る場合に化粧水とジッテプラスはどっちが先なのか?迷っている方も多いようです。間違った塗り方をすると効果半減・・そんなの嫌ですもんね。

 

そこでジッテプラスの販売元にジッテプラスを顔に使う場合の正しい塗り方の順番を質問してみました。気になっている方がぜひチェックしてみてください!

 

ジッテプラスは化粧水より先なのか?

結論を先に言いますと、販売元の株式会社イッティによると、ジッテプラスは油分を含んだジェルなので顔に塗る場合は次の順番で塗ることをおすすめされました。

洗顔→化粧水→美容液→ジッテプラス→乳液→クリーム

ジッテプラスを化粧水より前に塗ると、油分が邪魔をして化粧水や美容液の浸透が悪くなるようです。したがって化粧水、美容液を塗った後にジッテプラスを塗るようにした方がいいようです。

 

ジッテプラスは顔のニキビにも効果的?

ジッテプラスは背中以外にも顔やデコルテ、胸元など全身に使えるジェルです。背中同様顔にもしっかり効果を発揮するので顏のニキビやニキビ跡が気になる方にはおすすめです。

 

顔のニキビの原因は主に肌の乾燥です。乾燥によって皮脂の過剰分泌がおこり毛穴を詰まらせニキビが発生します。ニキビが悪化して炎症するとニキビ跡が残る場合があります。

 

顔のニキビやニキビ跡はニキビの炎症を抑えること、しっかり保湿すること、肌のターンオーバーを整えることが重要です。ジッテプラスにはこの3つの効果に優れている成分がたっぷり配合されているので顏のニキビやニキビ跡にも効果を発揮します。

 

基礎化粧品の正しい順番

基礎化粧品には正しい順番があります。これは各アイテムによって効果が違うためですが、その効果を最大限に発揮するためにも順番が重要なんです。

 

ジッテプラスと基礎化粧品の役割をしっかり理解することでニキビやニキビ跡の改善を早めることが出来るのでしっかり理解するようにしましょう。

 

化粧水の役割

化粧品メーカーによっては違いが出ることもありますが、基本的には化粧水の主な役割は肌に水分を与えることです。洗顔によって肌の余分な皮脂を取り除いた後はとってもデリケートな状態です。化粧水でしっかり保湿するようにしましょう。

 

化粧水によって肌の水分が満たされるとその後につける美容液や乳液などの浸透力が高まるので有効成分やその他の成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

 

美容液の役割

美容液は目的によって、美白・しわ・保湿に優れた成分が配合されていて悩みに合ったケアができるプラスワンのアイテムです。

 

美白ならビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどが配合された美容液、しわや保湿ならセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が配合された美容液が人気です。

 

美容液の中には、導入型美容液(ブースター)と呼ばれる種類もあって化粧水の前に使用することで、その後の化粧水などの浸透力を高める効果が期待できるものもあります。

 

乳液の役割

化粧水や美容液をつけた後に何も塗らなければせっかくの水分や有効成分が蒸発して失われることがあります。乳液は水分と油分を含んだアイテムで乳液の持つ油分で肌表面にフタをするように膜をはって水分や有効成分の蒸発を防ぎます。

 

したがって化粧水や美容液の後には乳液で仕上げるひと手間があることで肌の状態が大きく違ってきます。

 

クリームの役割

クリームは乳液と同じ役割ですが、乳液より油分が多いアイテムです。そのため朝はさっぱり乳液だけで終えて、夜はクリームを使用して保湿を強化したり、乾燥しやすい季節だけ両方使ったりなど肌の状態によって使い分けると良いでしょう。

 

ジッテプラスの役割

ジッテプラスの役割はニキビの鎮静化です。特に炎症したニキビには有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが炎症を素早く抑えて炎症したニキビを改善します。

 

またプラセンタエキスも配合されているので炎症の原因となる活性酸を防ぎ、シミなどのニキビ跡を防ぎます。

 

ジッテプラスと化粧水のまとめ

ジッテプラスと化粧水の順番はもちろん、基礎化粧品の正しい順番を理解いただけたと思います。ジッテプラスは背中ニキビをケアする効果に優れた商品ですが、背中ニキビ以外の顔やデコルテ、胸元のニキビにもしっかり効果を発揮するのでおすすめです。

 

顔に塗る場合には、ジッテプラスと各基礎化粧品の効果を理解して正しい順番で使用することで効果を最大限に高めることができます。

 

背中ニキビはもちろん、顔ニキビやニキビ跡も日々のお手入れでキレイにしていきましょう。